1. トイレリフォーム・交換
  2. トイレの選び方

トイレの選び方

簡単に、最適なトイレが見つかります!
難しい排水は、当社スタッフがご提案いたします。

現在のトイレの形状を確認しましょう

洋式
一般的に普及しているトイレの形です。排水方式によって床排水と壁排水の2タイプに分けられます。一戸建ては床排水、マンションは床排水・壁排水の場合があります。
三角タンク式
比較的古い建物や狭いスペースで使用されているトイレです。
お問い合わせフォームからご連絡ください
和式
和式トイレも洋式にリフォームできます。
お問い合わせフォームからご連絡ください

ご自宅に設置したいトイレのタイプを選びましょう

洋式トイレは、大きく分けて下の4種類に分かれます。
それぞれ、タイプごとにメリット、デメリットがあり、価格帯も異なります。

組み合わせトイレ

メリット

価格が安い
最も流通しているタイプで、価格を抑えたいならこちら!
設置場所を選ばない(水圧)
タンクに貯めた水で洗浄するため、水圧に関係なく設置が可能です。
(タンクレスなどの直接洗浄は、水圧が弱い場所には設置ができないことがあります)
便座が選べる
自由に便座を選ぶことができるので、予算やお好みに合わせチョイスが可能です
災害に強い
タンクにためた水を重力で流すため、電気が止まっても流すことができます。
(タンクレスなどは、電気で水を流すため、災害時にはバケツなどに汲み置きが必要となります)

デメリット

タンクの分、スペースが必要
タンクがある分、設置に奥行きが必要です。
とはいえ、タンクレスと比べると約10cm程度の差です。
デザイン性
タンクレスは見た目にスッキリ、スタイリッシュやおしゃれなデザインが豊富ですが、組み合わせタイプは、安価な分、ごく一般的なトイレが多いです。
TOTO ピュアレストQR+ウォシュレットS、TOTO ピュアレストEX+アプリコット、LIXIL アメージュZ便器+パッソ

組み合わせタイプ 便器

一体型トイレ

メリット

スッキリデザインで一体感がある
メーカーが便器に便座を組み合わせて販売しているトイレ
デザインに一体感があるので、トイレ空間がスッキリ!
設置場所を選ばない(水圧)
タンクに貯めた水で洗浄するため、水圧に関係なく設置が可能です。
(タンクレスなどの直接洗浄は、水圧が弱い場所には設置ができないことがあります)
機能によってグレードを選べる
ウォシュレットの機能によって、グレードが分かれているため、予算やお好みに合わせて、チョイスが可能です。
災害に強い
タンクにためた水を重力で流すため、電気が止まっても流すことができます。
(タンクレスなどは、電気で水を流すため、災害時にはバケツなどに汲み置きが必要となります)

デメリット

ウォシュレットを自由に選べない
あらかじめ組み合わされたウォシュレットからしか選ぶことができないため、自由に選ぶことはできません。
デザイン性
タンクレスは見た目にスッキリ、スタイリッシュやおしゃれなデザインが豊富ですが、組み合わせタイプは、安価な分、ごく一般的なトイレが多いです。
TOTO GG-800、LIXIL アメージュZA、LIXIL アステオ

一体型便器

タンクレストイレ

メリット

トイレ空間を広く
なんと言っても、タンクがない分、トイレ空間を最大限広く使うことができます。
見た目スッキリ
見た目にも、タンクがないため、スッキリと高級店のようなトイレ空間になります。
高級感にうっとり
デザインはもちろん、ウォシュレットも最上級を搭載。毎日使う場所だからこそ、こだわりの自分好みの空間に!

デメリット

商品が高価
高価な部品をふんだんに使っているため、商品価格が少々お高めに
水圧によっては付属部材が必要
一部のタンクレスは、水圧が弱いとながしきることができないため、ブースターと呼ばれる、水圧を強める器械をとりつける必要があります。
手洗いが必要
タンク上部の手洗いがないため、トイレ内に手洗いがなければ、増設または、外で手を洗う必要があります。

タンクレストイレ

システムトイレ
  • 横浜市水道局指定工事店
  • 営業日:平日(月~金) 土日祝休み 電話受付10:00~19:00 インターネットは24時間受付中!
0120-89-9014(早くキレイよ!無料) お急ぎの際はすぐにお電話ください!(携帯可) ほっとハウス、TOTO、LIXIL、Panasonic正規販売店

page先頭へ